採用をお考えの法人のお客様へ

採用をお考えの法人のお客様へ

採用をお考えの法人のお客様へ

障害者を雇用したい。

障害者を雇用しなくてはならないとは思う。

でも、何から始めればよいか分からないし、障害者の知識も少ない。
こんなお悩みをお持ちではないでしょうか。

障害者雇用率制度の改正

平成30年4月1日に障害者雇用率制度が改正され、増々日本の企業には障害者雇用が求められています。
また、日本全体を見ても、雇用率を上げ、生産力を上げなければならないのが現実です。

しかし、なかなか社員を増やしても長続きしなかったり、生産性が上がらず費用ばかりが重んでしまっていませんか。

精神障害者・発達障害者とは

そんな時は、障害者の力に頼ってみましょう。

精神障害者や発達障害者が、現在注目されているのをご存知でしょうか。

生まれつきの知的な遅れがある障害や、大人になってから人間関係が上手く築けずに気づく障害や、後天的なうつ病などが精神障害や発達障害に含まれます。

また、その障害の重さや加減はひとつの病名でも様々で、人によって症状が少しづつ変わるのが特徴といえます。

しかし、全ての精神・発達障害に言えることは、障害によって起こる生活での不具合や問題を少なくしたり、やり方次第で未然に防ぐことが出来るということです。

ミスマッチングのない雇用を

個性が強く、最初は困難ばかりかもしれません。
しかし、個性が強いということは、何かに特化した能力を秘めているということ。

経験豊富な臨床心理士が障害者一人ひとりの能力を分析し、貴社に合う障害者をご紹介いたします。
また、就職後も障害者と職場両方の支援を行い、理想の長期雇用を実現。

ミスマッチングがない。そんな雇用をしてみませんか。

PAGE TOP